うなぎ通販で流通しているうなぎ

世界にはうなぎの種類が多く存在し、そして、各うなぎ通販会社が使用しているうなぎも国産のみならず、世界のうなぎを使用しています。そのような中から、本当に海外産のうなぎは安全なのかなど疑問が湧いてきます。そこで、うなぎの種類を説明する前に、うなぎの通販で安心して購入することができる店舗をご紹介します。

モンドセレクション2017最高金賞のうなぎ”岐阜鰻たむろ”

こちらの会社のうなぎは国産(アンギラ・ジャポニカ)を使用しており、自社養殖もしている関係からとても安心して購入することができます。うなぎの通販で購入の際に心配である送料に関しても無料で対応しており、賞味期限も冷凍の真空パックで配送されるためとても安心です。ギフト対応も柔軟に対応しており、その中でも特大うなぎである横綱シリーズが人気です。また食品の取り扱いの際に重要な衛生面の管理にも力をいれて努力されています。

価格に関しては少々高いですが、税込表記なので他社と比べ、実質的には税込で換算するとそれほど高い印象は受けません。市場に出回っているうなぎの中でも厳選した鰻を通販で使用しているため、とても美味しいです。

また、タレにもこだわり、紀州備長炭を使用した炭火焼きで日々、うなぎを焼いています。また老舗ならではの白焼きの商品も存在するほどのこだわりようで、うなぎ通販の中で選んでも間違いのない一押しの商品です。

うなぎの通販で昔からある老舗”うなぎ屋かわすい”

こちらのお店はうなぎの通販サイトでは人気のある商品で、多くの方が購入されています。国産うなぎのみならず、海外産のうなぎも使用しているため価格が安いことが特徴です。タイムセールを頻繁に行っており、真空パックで発送されてきます。

このようにひとつうなぎを通販で購入すると言っても、各社のこだわりによって、うなぎの種類や価格帯も違ってきます。是非、ひとつひとつ吟味しながらうなぎを通販で購入してみてください。店舗と変わらないほどの美味しいうなぎも存在します。

食用として代表的な2種類のうなぎ

うなぎはウナギ科ウナギ属の魚で、現在世界では約19種類が確認されています。日本人が一般的に食用として広く認知しているのは、ニホンウナギという種類です。ニホンウナギは日本だけでなく朝鮮半島からベトナムにかけても生息しています。

日本では古くから食用としての需要が高く愛されている魚です。しかし、乱獲や環境破壊などの影響で個体数が減り、現在は価格も高騰しています。稚魚を捕獲し育てる養殖は以前から行われています。卵から孵化をさせて育てる完全養殖を試みていましたが、生態の解明ができず、養殖することができませんでした。しかし、近年謎とされていた生態が解明され完全養殖うなぎの流通が期待されています。
ニホンウナギと比較しても味が衰えないといわれているのは、ヨーロッパウナギという種類です。ヨーロッパ全域の河川に生息しており、見た目はニホンウナギと似ています。ヨーロッパ各地で古くから食用として捕獲されています。

ニホンウナギと同じく生態に不明な点が多く養殖することは難しいとされ、稚魚を捕獲して育てる方法がとられています。また、現在は乱獲や環境問題などの影響で個体数が激減しています。ニホンウナギとヨーロッパウナギは世界的に食用として重要とされているうなぎの種類です。

うなぎの仲間とうなぎではないもの

ニホンウナギやヨーロッパウナギ以外にもたくさんのうなぎが存在します。近年テレビ番組などでも取り上げられ全国的に存在を知られることになったのが、オオウナギです。オオウナギは熱帯や亜熱帯に生息しており、日本では利根川から西で長崎県から南地方に生息しています。和歌山県や徳島県など一部の地域では特別天然記念物に指定されています。

南西諸島では一般的に見られ食用とされることもあります。味はやや泥臭く一般的に流通しているうなぎと比較すると劣るとされています。体長は2メートルほどあり、重さは20キロ程度になる個体もいます。北米にはアメリカウナギが生息しています。以前から食用として流通していましたが、近年数が激減しています。ウナギという名前がつけられていますが、うなぎの仲間ではないものもいます。

例えばヤツメウナギやヌタウナギは見た目が似ていることで、ウナギと名づけられていますが全く別の種類です。また、水族館などで稀に飼育されているデンキウナギも分類上うなぎではありません。デンキウナギ目に属する種類です。身の危険を感じたときや、獲物を捕獲するときに体内で発電した電気を放出し攻撃します。この電気はとても強力で人間を感電させる威力があります。

このように鰻は幾つかの種類がありますが、やはりジャポニカ種が鰻の蒲焼として美味しいです。

おすすめな通販で買うには、下記のようなサイトがあります。

うなぎ 通販